ドライヤー

SALONIA(サロニア)ヘアドライヤーの口コミは良い?悪い?他社メーカーとの比較も!!

今回はSALONIA(サロニア)のヘアドライヤーを購入するかどうか迷っている方に向けて、「どのような機能があるのか」「口コミは良いのか」「他社メーカーと比べるとどこが違うのか」などを調べてみました。

やはりドライヤーの値段によって機能面などは大きく違ってくるので、数万円するものと比べると機能や髪のダメージ具合などは劣っているのは当然のことですが、この記事ではサロニアのドライヤーとおおよそ同じ価格帯のもので比較しているので、サロニアドライヤーと同じくらいの価格帯で迷っている方にも参考にしてもらえればと思います。

サロニアヘアドライヤーの特徴とは?

SALONIA(サロニア)と聞くとヘアアイロンがとくに人気があって有名ですが、ドライヤーも人気が高く、安くて評価も高いのが特徴です。

その中でも特にココが凄い!というところをいくつかまとめてみました。

価格が安くて機能面で優れている!!

サロニアヘアドライヤーの価格は約5000円と、全ドライヤーの中では比較的平均より少し安め。

これよりも値段が安いドライヤーは他社メーカーでたくさんあるのですが、壊れやすかったりマイナスイオン機能がついていなかったり風量が弱いなどといったデメリットがある場合があるのでドライヤー選びは機能面が重要です。

サロニアヘアドライヤーの主な特徴と機能は

  • デザインがおしゃれ
  • 風量2.3㎥/分の大風量
  • マイナスイオン機能
  • ターボ/セット/クールの3つのモード
  • 軽量(495g)

このような特徴があります。

特に2.3㎥/分の大風量という点では、同価格帯で同じくらいの風量は「サロニア」と「テスコム」この2つのメーカーくらいしか私が調べた中では見つからなかったので、大風量のヘアドライヤーでできるだけ安いものが欲しい!という方に特におすすめです。

そして、より詳しく下記でサロニアヘアドライヤーと同価格帯の他社メーカーとの比較を調べてみましたので、予算5000円くらいでドライヤーを探しているという方は是非参考にしてもらえればと思います。

ただ機能面も大事ではありますが、ドライヤーは毎日使うものなので見た目のデザインもおしゃれなもののほうがドライヤーを使うのが楽しくなるでしょう!

シンプルなデザインがおしゃれ!!

サロニアヘアドライヤーは無駄のないシンプルなデザインで、カラーバリエーションは男女問わず使える無難な色なのが特徴です。

通常は「ブラック」「ホワイト」「ネイビー」の3色ですがWEB限定で「グレー」もあります。

ドライヤー本体の質感はツヤ消しのマットなデザインなので高級感があり、インテリアとして置いていてもおかしくないでしょう。

そして2021年6月現在、可愛らしいピンクが限定カラーとして販売されているので女性におすすめです!

大風量(2.3㎥/分)なのですぐ乾きやすい!!

風量2.3㎥/分と言われてもどれくらいの風量なのか分かりづらいかと思います。

風量2.3㎥/分というとヘアドライヤーの中ではトップクラスの風量で、大風量で有名なダイソンのヘアドライヤーで2.4㎥/分なので、サロニアヘアドライヤーとほぼ同じくらいの風量です。

サロニアのヘアドライヤーの約5000円という価格帯でこの大風量は他社メーカーでもあまりないので、大風量でとにかく値段が安いものが欲しい!という方におすすめです。

そして髪の毛が傷む原因として「熱」によるダメージがほとんどなので、風量が強いほうが短時間で髪を乾かすことができ、ドライヤーの熱にあたる時間が短くなると髪のダメージも軽減することができるというのが大風量のメリットです。

ただ、ドライヤーの機能によっては風量はそんなに強くなくても熱のダメージを抑えるイオン機能がついていたりするので、大風量だからといって必ず髪のダメージが軽減できるわけではありません。

あとは風量が強いということはそれだけ騒音も大きくなるので、ドライヤーを使っている時の音が気になるという方には不向きかもしれません。

軽くてコンパクトなので持ち運び用に最適!!

男性であればドライヤーの重さをあまり気にする方は少ないかもしれませんが、髪が長い女性にとっては乾かす時間も長くなりますし、重いドライヤーを毎日使うことは腕に負担がかかってしまいます。

店頭で買うのであれば実際に手に持って確かめることができるのですが、ネットで買うのであれば重さの数値を見てから決めるのが大事です。

持ち運び用として買うのであれば、なおさら軽いほうが良いので重さは是非チェックしておきましょう。

そしてサロニアヘアドライヤーの重さは「495g」。

数字で見ると実感がわきませんが、おおよそ500mlのペットボトルと同じ重さです。

この重さがドライヤーの中ではどれくらいの軽さなのか?というのは、下記で他社メーカーのドライヤーと比較した表を作りましたので気になる方はご覧ください。

あとサロニアのドライヤーはコンパクトに2つ折りにして収納することができるので、収納するときもかさばらなかったり持ち運び用としてカバンにも入れやすいようになっています。

サロニアヘアドライヤーと同価格帯の他社メーカーとの比較

サロニアのドライヤーは約5000円ということで、同じくらいの他社メーカーのドライヤーで人気なものを機能面で比べてみました。

  • Panasonic(パナソニック)EH-NE6E
  • テスコム Speedom TID2400
  • コイズミ モンスターKHD-W760
  • テスコム Nobby NB1904

サロニアヘアドライヤーと比較するのはこの4機種。

メーカー サロニア パナソニック テスコム コイズミ テスコム
商品名 スピーディー
イオンドライヤー
イオニティ EH-NE6E Speedom TID2400 モンスター KHD-W760 Nobby NB1904
重量 約495g 約530g 約495g 約665g 約670g
風量 2.3㎥/分 1.9㎥/分 2.3㎥/分 2.2㎥/分
マイナスイオン
温風温度 約103℃(ノズル装着時) 約105℃ 約100℃ 約95℃ 約115℃
口コミ評価 (4,747件) (260件) (1件) (28件) (22件)
価格 5,478円(税込) 4,718円(税込) 5,940円(税込) 7,430円(税込) 5,095円(税込)
Amazonで見る
楽天市場で見る
Amazonで見る
楽天市場で見る
Amazonで見る
楽天市場で見る
Amazonで見る
楽天市場で見る
Amazonで見る
楽天市場で見る

※価格は2021年6月現在
※口コミ評価はAmazonと楽天市場を参考

他社メーカーのドライヤーと口コミ評価数を比べるとサロニアが圧倒的に多く、人気の高さが分かります。

テスコムの「Speedom TID2400」はサロニアのドライヤーと風量も重量もほぼ同じくらいですが、2021年3月に発売してまだ3ヶ月ほどなので評価数はまだ少なくなっています。機能面ではテスコム独自の「プロテクトイオン」というのが搭載されていて、この機能によって大風量で乾かしても髪が広がりを抑える効果があります。ただサロニアのドライヤーにもマイナスイオン機能が搭載されていて、静電気の発生を抑えて髪のダメージを軽減してくれるので、決定的な違いはデザインくらいかもしれません。

サロニアヘアドライヤーの口コミや評価

30代女性

口コミ評価:

サロニアのヘアアイロンを使っているので、ドライヤーもサロニアを選びました。軽いのに風量が強くてしっかり乾かせます。ドライヤーの熱もそこまで熱くないので、お風呂上がりでもあんまり汗をかかずに乾かせるのが良いです。軽くて風量の強いドライヤーを探している方におすすめです。

20代女性

口コミ評価:

大風量と書いているだけあって確かに風量は強かったです。ただ風が強いだけあって音は大きかったです。それよりもデザインがシンプルで清潔感があるのでとても気に入っています。

40代女性

口コミ評価:

質感が良くて触り心地も良くて可愛いデザインが気に入ったのでこれに決めました。前の型のサロニアドライヤーをずっと使ったので、それと比べると風量が強くなっていて重さも軽くて乾かしやすくなっています。ただ、ヘアオイルなどを使用した後にドライヤーを使うと、持ち手部分に跡が付くので注意です。

※楽天市場の口コミを参考

まとめ

今回はSALONIA(サロニア)のドライヤーの特徴や口コミ、他社メーカーとの比較について調べてみました。

全ドライヤーの中でも特に口コミ件数が多く、評価も高いので満足度が高いのが特徴的で、デザインもシンプルでおしゃれなので男女問わず使えるのも良いポイント。

できるだけ安くてコストパフォーマンスが高いものを選ぶならサロニアがおすすめです。

ネットで買うのが不安な方はヨドバシなどの家電量販店やドン・キホーテでも売っているので、実際に手に取って重さや質感などをチェックしてみるのも良いでしょう。